人肌恋しくなったら体験談をみて風俗に行きましょう

女性が嫌う理由を自分なりに解析

彼女と別れた理由に風俗が登場するケースは数え切れません。それにしても世の女性はどうしてこんなにも「風俗」の二文字に敏感、そして敵対視するのでしょうか。風俗業界で働く女性に対する偏見に他なりませんし、彼女達の男性を悦ばせるべくの努力を思えば、自分達こそどれだけ怠慢なのか、そっちの事実に意識を向けてもらいたい限りです。そこで私は自分なりに、なぜ多くの女性が風俗を嫌悪するのか、自分のパートナーが利用しただけで烈火の如く怒るのか、その理由を考えてみたのです。結論から申せば「勝ち目が無いから」・・・これに尽きるでしょう。たとえば僕が大好きな品川のデリヘルで働くデリヘル嬢と、これまで付き合って来た彼女を比較すれば一目瞭然です。細やかな心遣い、男性を思いやり奉仕する気持ちと姿勢、そしてエッチのテクニックなど、風俗は別腹とは言いますが全てにおいてレベルが違うのです。勿論デリヘル嬢はサービス業という一面を評価から差し引かねば不公平ですが、それでも「雲泥の差」があるという事実に異論は見当りません。自分のパートナーの男性に喜んで欲しい、癒してあげたい・・・そんな感覚が薄い女の子ほど風俗を敵対視しているという結論を残念に思いつつ、今日もこれから品川のデリヘルを予約します。

デリヘルは必ず空腹のまま臨むのが僕のスタイル

なかなか人には言えませんが、まあまあのデリヘル歴を誇る僕がデリヘルを120パーセント満足出来る楽しみ方を発見しました。それはお腹を空かした状態でデリヘルのサービスを受けるスタイルです。勿論一朝一夕でこの結論に辿り着けるハズはありません。他の風俗体験を通じ、ある日何かの偶然で「もしや?・・・」と小さな疑問を抱いたのが、このコペルニクス級の発見に繋がる第一歩だったのです。風俗遊びを覚えてから慣れ始めた時期は、誰もがどこかしら大雑把な楽しみ方に傾きがちでしょう。飲んで食って大きなお腹を抱え、まだ遊び足りないから風俗でも・・・そんな流れで利用する方々の比率が、間違いなく高いのではと思っています。ですが中途半端に自分の欲が満たされた状態では、プロの女の子による極上のサービスを自身の性感帯で十分に受け切れません。そこで僕は必ず空腹状態で「何でも欲する体調」を意識的に整えた上で臨んでみたのです。すると確かに、デリヘル嬢全員が可愛い好みのタイプに見える気がしますし、あっちのサービスもより大きな快感に包まれるから不思議です。おそらく人間の「欲」の部分が身体の奥底で共通しているのでしょう。みなさんにもぜひお試しいただきたいスタイルを今日は特別にそっとお教えしておきますね。