人肌恋しくなったら体験談をみて風俗に行きましょう

彼女達のテクは芸術です

ようやく狙っていた女の子と念願のエッチとなれば、男なら誰でも気分は最高潮でしょう。ところがどんな高級料理も食べ慣れれば飽きて来るから贅沢です。これは風俗に関しても共通していると私は感じています。覚えたの風俗は発見の連続で、一時的に一気にハマってしまいますが、次第に性欲処理のウエイトが増してしまい、結果足が遠のいてしまう世の男性は少なく無いでしょう。そうした中で私が変わらず新鮮さを覚え続ける風俗、それがデリヘルです。利用する店を変えるだけでもサービスを楽しむ環境が変わりますし、勿論どんなデリヘル嬢が訪ねて来てくれるのか、初対面を待つドキドキ感も変わりません。そして何より、彼女達の人数分すなわち体験する回数分だけ、さまざまなテクニックを堪能出来る魅力が見過ごせません。限られた時間の中で男達を確実に天国に連れて行ってくれる、あの技術と心遣いは「芸術」以外の何物でもありません。だからこそ自分にとってのデリヘルはエンドレスであり、身体が言う事を聞いてくれる限り、楽しみ続ける価値が十分以上なのです。

支配欲を満たしつつ征服されて

男の本能として、やはり女性に対する支配欲が見過ごせないと思います。最近でこそ亭主関白なる概念が世間から反感を買う風潮となっていますが、惚れた男に身も心も尽くしたいと歌うヒット曲は数知れず、女性側も尽くしたい本能を持っているに違いありません。これと性欲が絶妙にコラボしたのが風俗産業でしょうし、だからこそ一部からは否定的な目で見られながらも、風俗はしっかりと市民権を得ているのだと僕は捉えています。そんな風俗の中でも、男の支配欲をしっかり満たしてくれるだけでなく、女性に征服される悦びを教えてくれたのが、他ならぬデリヘルだったのです。デリヘル嬢が悪天候も何のその、自分にエッチなサービスを届けるために会いに来てくれ、あの最高のご奉仕で満たしてくれるのです。当然身を委ねている閒、私達男性の身体は彼女達の奴隷状態です。こんなふうに解析してみれば一層、デリヘルの不変の人気に納得させられるだけでなく、今直ぐ楽しみたくなってしまいますよね。

投稿日:2017年9月14日