前回はオンラインカジノについて説明を行いましたが(オンラインカジノの説明はコチラ)、このページではオンラインカジノの違法性、合法性を法律の観点から解説します。
 
あなたもご存じかと思いますが、日本ではパチンコ・パチスロや競馬、競艇など国が認めたもの以外のギャンブルをプレイすることは違法となります。
 
現在日本では、カジノは国が認めたギャンブルには入っておりません。
 
日本では闇カジノといって、怖いお兄さんたちが運営しているアングラなカジノがありますが、この闇カジノにオリンピック出場経験のある有名スポーツ選手が通っていて逮捕されたというニュースがありますよね。
 
オンラインカジノ
 
このように、日本在住の人がカジノをプレイすることは違法となり逮捕される可能性があります。
 
なのであなたは、

え、じゃあオンラインカジノだってカジノなんだから日本でプレイすることは違法じゃないの?

と思うかもしれませんね。
 
ではお答えしましょう。
 
結論を先に行ってしまうと、現在は日本在住の我々がオンラインカジノをプレイすることは違法でも合法でもないグレーゾーンとなっています。
 

オンラインカジノ自体は違法ではない

先に述べたとおり日本でカジノを運営することは違法なので、オンラインカジノ会社は海外に拠点を持っています。
 
これらのオンラインカジノ会社はカジノが合法の国から正式にカジノ運営のライセンスを取得しているため、オンラインカジノ(会社)そのものに違法性は全くありません。
 

日本から海外のオンラインカジノで遊ぶことについては、法律では定められていない

日本で国が認めていない違法な闇カジノなどのギャンブルをプレイすることは「賭博罪」にあたり違法ですが、海外で合法に運営されているオンラインカジノで遊ぶことについては法律に記述がないのが実情です。
 
この辺りは「賭博罪」の法律の難しい話になるので詳細は割愛しますが、日本でプレイヤーに「賭博罪」が成立するためには、賭博の運営側が有罪(=違法)でないとだめということです。
 
ですので、

日本で運営されている違法な闇カジノでプレイする
⇒運営側が違法なのでそこで遊んだプレイヤーも違法(有罪)
 
海外で運営されている(海外では合法な)オンラインカジノでプレイする
⇒運営側が違法とは言えないのでそこで遊んだプレイヤーも違法とは言えない

ということです。
 
ただし「違法とは言えない」=「合法」ではないので、違法とも合法とも言えないグレーゾーンというのが結論となります。
 
ここまで読んだあなたは

じゃあオンラインカジノはプレイしても違法と言えないんだから大丈夫そうだね。プレイしてみよっかな

と思ったかもしれませんね。
 
でもちょっと待ってください。
 
オンラインカジノをプレイしていて逮捕されたプレイヤーは過去にいないのかというと、実は実際の逮捕事例があります。
 
2016年3月にオンラインカジノをプレイしていたとして埼玉県の男3人が逮捕されるという事件が起きました。
 
オンラインカジノ
 
ニュースでも大きく取り上げられましたので、記憶にある方もいるでしょう。
 

ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警
記事はコチラ
(出典)産経WEST
 
海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

 
オンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたことで、オンラインカジノ業界は一時騒然となりましたが、この事件は法律で違法性が明確に立証できませんでした。
 
そのため検察側が「裁判で争っても有罪にするのは難しい」という判断だろうと思われますが、結局不起訴処分で終わっています。
 
ちなみに逮捕=有罪ではありません。
 
この事件に関しては、逮捕された3人のうち1人が弁護士を立てて争ったのですが、不起訴を勝ち取った経緯を記載した有名なブログがあるので興味のある方はコチラをご覧ください。
 
実際にこの逮捕⇒不起訴事件の後、「日本ではオンラインカジノをプレイしても大丈夫なんだ」と好意的に解釈して、この事件をきっかけにオンラインカジノではユーザーが増加したともいわれております。
 
実際警察は一度不起訴になった事件で再度同様の事例で逮捕するとは考えにくいので、現在の法律が変わらない限り逮捕される可能性は低いと思われます。
 
このようなことから、現在日本では10万人以上ともいわれる多くの人がオンラインカジノで遊んでいるのが実態です。
 
ただしこれまでも述べたように、オンラインカジノは法律的には違法でも合法ではないグレーゾーンということを肝に銘じて、自己責任の下でプレイするようにしましょう。
 
次はオンラインカジノの運営ライセンスについて解説します。
⇒オンラインカジノの運営ライセンスについて解説
 
【その他オンラインカジノに関する初心者メニュー一覧】