このページをご覧になっている方は
「そもそもオンラインカジノって何?」
と思っている初心者の方も多いと思いますので、このページでは「オンラインカジノとは何か」について詳しく解説していきます。
 
オンラインカジノの説明の前に、まず「カジノ」についてはご存じない方はいないと思いますが、カジノはルーレットやバカラ、スロットなど実際のお金をかけて遊ぶゲーム(ギャンブル)ですね。
 
ですので、オンラインカジノとは文字通り「オンラインでプレイできるカジノ」のことであり、ここで「オンライン」とは「インターネット」のことですので、オンラインカジノはインターネットを通じてプレイするカジノのことです。
 
日本で一番人気のオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」の公式ページ
↓ ↓ ↓
オンラインカジノ
 
日本ではまだそれほど認知度が高くないオンラインカジノですが、海外ではプレイ人口は4000万人以上を超えているとも言われているメジャーなギャンブルであり、多くのオンラインカジノゲーム提供会社が顧客を獲得しようとしのぎを削っています。
 
オンラインカジノもカジノの一種でパチンコ・パチスロのように実際のお金を賭けてプレイしますので、勝てばお金を手にすることができますし、負ければお金を失います。
 
オンラインカジノはインターネット上ですべて完結しますので、入金や勝利金の出金などもすべてネット上で行うことができます。
 
オンラインカジノでは多くのカジノゲームがプレイでき、メジャーなゲームであるルーレット、ブラックジャック、バカラ、スロットはもちろん聞いたことが無いようなマイナーなゲームまで1000種類以上のゲームを楽しむことができます。
 
オンラインカジノのスロット「ハワイアンドリーム」の画面
↓ ↓ ↓
オンラインカジノ
 
またオンラインカジノではスロットのようなCGのゲームだけではなく、ルーレット、ブラックジャック、バカラなどはスマホ1台あれば海外のランドカジノ(リアルのカジノ)とネット回線を通じてライブディーラーと本物のカジノのようにプレイすることもできます。
 
オンラインカジノでプレイできるライブゲーム「ルーレット」の画面
↓ ↓ ↓
オンラインカジノ
 
またオンラインカジノはPC(パソコン)だけではなく、スマホ(iPhone、Android)、タブレットでもプレイから入出金まですべて行えますし、24時間営業していますのでネット環境に接続できる状態であればいつでもどこでもカジノがプレイできます
 
オンラインカジノではもちろん日本語対応もなされていますので、英語ができなくてもゲームをプレイすることができます。
 
日本では2016年12月にカジノ法案が成立したこともありカジノに対する関心が高まっていて、パチンコ・パチスロなどに比べればまだマイナーであるものの、オンラインカジノは新しいギャンブル一種として認知度が高まっています。
 

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは1996年に「インターカジノ」というオンラインカジノ会社がヨーロッパで誕生したのが始まりです。
 
1996年頃はWindows95が爆発的にヒットして、世の中にインターネットが普及しはじめた時期ですね。
 
日本では2000年代前半に日本語対応したオンラインカジノ業者が現れてサービスが始まりましたが、当時はネット回線の遅さや使い勝手が悪いということもあり、オンラインカジノは日本ではあまり普及しませんでした。
 
2010年以降は海外のオンラインカジノ業者が日本に続々と参入してきて、ネット回線の高速化や業者間での競争もあり、日本でもオンラインカジノをプレイする人が徐々に増えてきました。
 
そして2016年12月にカジノ法案が成立してカジノに対する関心が高まったことや、スマホの普及で気軽に遊べるなど環境が整ったこともあり、日本でもオンラインカジノが急激に普及するようになり現在に至ります。
 
次はオンラインカジノの違法性について解説します。
⇒オンラインカジノの違法性について解説
 
【その他オンラインカジノに関する初心者メニュー一覧】